iPhoneの進化を辿る

4sが好まれる理由

iPhoneはほぼ毎年ごとに新しいモデルを発売していますが、単純に機能性が高くなっているということだけではありません。デザインや搭載設備が異なるため、最新モデルだけが万人にとって使い勝手がいいものとは限りません。ユーザーの中でもデザインや価格の面から好んで過去モデルを利用することも多くあるため、iPhoneは新しいモデルが発売されたとしても直近の過去機種の人気も高い傾向にあります。

しかし、歴代のiPhoneを比較すると進化自体の素晴らしさも目にすることができます。まず、国内初の発売モデルであるiPhone3Gは、ios2.0、バッテリー容量は1,150mAhでした。駆動時間に直すと、ネット利用で4時間、通話では5時間です。現在のネット利用頻度や長さを考えるととても短い時間であったことが分かります。ここから、iPhone3GS、4、4sと更新されるごとにiosやバッテリー容量は変化していきます。

また、4sは、一部のファンの間では非常に愛着が持たれているモデルでもあります。それは、4sが発売されてからすぐにiPhoneの産みの親である人物が死去したからです。カリスマ性のある人物であり、数多くの名言も残していますが、産みの親が亡くなってもiPhoneの進撃は留まることを知りません。